イベントシーズンに活躍するビデオカメラ。
普段はちょっと使いで、たまーに長時間撮りたくなるものなんですが、予備バッテリーって高いんですよね。

ほとんど使わないし、いざ使いたいときに充電が切れていたら・・・ 

そこで、モバイルバッテリーを使ってみましょう!

IMG_20141206_175512
 
ビデオカメラにもよりますが、DC 5Vの電源入力端子を持っています。
そして、USBの電源出力も5V。
なんと充電が出来てしまう(場合がある)んです。

うちのは、ちょっと古いですがパナソニックの HDC-TM45 です。
バッテリーは cheero ダンボー の2.1A出力端子。
で、つなぐケーブルは、 PSP用充電ケーブルが適合します。百円ショップで売ってますよね。

上記の組み合わせでは、カメラの電源を切っていなくても、撮影中でも充電されるパワー!
IMG_20141206_175736
 
試しに、バッテリーを外してみても動きました
IMG_20141206_183010
 
モバイルバッテリーはスマホ使いならほぼ常備してるでしょうから、それをビデオカメラに流用できるってのは嬉しい。

標準バッテリーの残量0から、ダンボーだけで100%まで充電もできました。 
ダンボーのメモリも1減くらいですね。

現行売れ筋のパナソニック Panasonic HC-V550M-Tもおそらく同じサイズのDC入力端子を持っています。
Panasonic 純正バッテリーパック は軽く1万円を超えてきますから、数千円のモバイルバッテリーで代用できるってのはお得です。

EVERIO もDC5V入力端子を持ってますから、もしかしたらモバイルバッテリーでバッテリーの代用ができるかも?


【Amazon.co.jp限定】Panasonic デジタルハイビジョンビデオカメラ HC-V330M
パナソニック (2014-01-22)
売り上げランキング: 174