Macbook Air Early 2015 のSSDを標準の128GBから500GBのM.2 Typeに交換成功したため備忘録。
スクリーンショット 2018-11-29 23.55.44
【用意したもの】


【手順】
  1. Time Machine に現状をバックアップ
  2. リカバリーモードでmacOS Sierra をクリーンインストール
  3. Sierra で起動し、macOS Mojave のインストーラをダウンロード
  4. Mojave クリーンインストール用USBメモリを作成
  5. 内蔵SSDを、M.2アダプタ&M.2 SSDに交換
  6. USBメモリでmacOS 復元システムを起動
  7. Time Machineからリカバリー
で、うまく行きました。

・Time Machine に現状をバックアップ
 何はともあれ、バックアップが必要です。
 私は、SynologyのNASを使ってます。

・リカバリーモードでmacOS Sierra をクリーンインストール
・Sierra で起動し、macOS Mojave をダウンロード
・Mojave クリーンインストール用USBメモリを作成
 これらの下りは、2015 Earlyの標準OSがSierraなので、内蔵リカバリ領域からのリカバリでは、M.2 SSDを認識できないため。
 Mojaveインストール済みのMacでは、インストーラのダウンロードがうまくできなかったため、わざわざSierra環境を作りました。

macOS 復元から macOS を再インストールする方法(https://support.apple.com/ja-jp/HT204904)
macOS の起動可能なインストーラを作成する方法(https://support.apple.com/ja-jp/HT201372)
Mac の起動時のキーコンビネーション(https://support.apple.com/ja-jp/HT201255)

 あと若干つまずいたのは、Apple IDの復元・認証です。2ファクタ認証ってやつですかね。iPhoneに6桁の数字が送られてくるやつですが、これが通らない。
 で、なんとなーく押してみた「英数」キー。これで行けました。なぜか全角入力になってたようですね。
 TimeMachineからの復元もサクッと成功し、BootCampでWindowsを入れる空きが確保できました。